藤波直子 Fujinami Naoko

ナオちゃんです。彼女は、2004年トライアル世界選手権チャンピオン、藤波貴久選手の奥さん。

モデルさんみたいにかわいいでしょ。あんまりキュートなので、スペインの自宅の近所のオバチャンたちは、ナオちゃんが子供を抱いていると「?」マークを浮かべるそうです。
彼女とは、貴久くんと結婚する2年くらい前に会いました。その当時から二人はともに世界選手権を回っていました。

笑顔の素敵な娘さんでね。貴久くんといっしょにオートバイに乗っていて、僕がすてんと転んだのを遠くで見て大笑いした顔をいまでも覚えています。
物怖じしないというか、マイペースというか、どことなくふわふわしているようで、そのくせ芯は強い。だから、いろんなすれ違いで苦労しそうな海外生活をあっけらかんと過ごせるのかもしれない。そういう女性です。

今年(2006年)の6月に、栃木県のツインリンクもてぎで開催された日本グランプリ。久々に帰国した貴久くんは、実は過去最悪と言っていいほど体調を崩し、しかも開幕直前には指を骨折していて、無事にレースを終えられるか周囲は大いに心配していたのでした。
そんななかナオちゃんは、僕に四葉のクローバーを見せてくれました。

「一昨年も見つけたんですよ」
一昨年は世界チャンピオンになった年。日本グランプリでも見事優勝しました。

「あのときはきれいな葉っぱだっけど、今年のはよれよれなんです」

果たして貴久くんは、日本グランプリ開催以来、はじめて表彰台を逃しました。けれど、厳しい戦いのなか、最後まで走りきった。

暗示、というほかにないでしょ。貴久くんは、その後に行われた4レースで3勝を記録。体調もなんとか持ち直して、再びチャンピオンになるため歯を食いしばってる。
四葉のクローバー、かなり効いてます。よれよれ、というのが泣けますね。
「前半で勝てなくたって、残り全部勝てばいいんでしょ?」

くりっとした瞳でさらっと言いのけるナオちゃんなのでした。
僕は彼女のファンです。
追伸:目下、僕の最大の努力目標は、藤波夫妻の愛娘、夢奈(ユメナ)ちゃんと仲良くなること。顔を見て泣かれると、ほかのどんなことよりヘコみます。




藤波貴久選手のホームページ
FUJIGAS.NET


 

藤波貴久 Fujinami Takahisa

2004年トライアル世界選手権チャンピオン。

トライアルというのは、人が歩いて上るのさえ困難な斜面や岩を、オートバイで登ったり降りたりする競技です。目の前に立ちはだかる3メートル近い垂直の壁だってよじ登っちゃう。重力の存在を無視したかのような、ニュートンさえ驚く超絶技巧の世界。ぜひ一度、その目で見てほしいものです。

1980年生まれの貴久くんは、10歳のときに自転車トライアルで世界チャンピオンを獲得。オートバイに乗り換えてからは、これまた史上最年少の15歳で全日本チャンピオンに。その翌年から世界選手権に挑戦し続けているという、わが国が誇るアスリートなのですよ。イチローもマツイも引退しちゃったナカタもスゴいけど、彼の功績も偉大。知らなかった人は今日から覚えてください。

その世界挑戦。4年目の1999年には早くも年間ランキング2位に上りつめます。あとはチャンピオンのみ。

これは有名な話ですが、貴久くんのお父さんには青写真があって、20歳で世界チャンピオンになることを計画していました。そこまでの各年齢で予定した結果を物の見事にクリアしてきたから、期待が高まるのは当然です。

が、2000年20歳の年も年間ランキング2位。なんと同じ順位を合計5年も続けるんです。貴久くんの前には、7年連続チャンピオンを獲得した選手が立ちふさがったのでした……。

でもね、普通の神経なら、5年連続2位なんて無理ですよ。ほとほと嫌気がさして当たり前。あと一歩で届かない悔しさを5年も味わうなんて、どんな大食漢でも逃げ出すはずです。
僕が彼を尊敬するのは、どんな状況でもあきらないこと。愚直なまでに目標に向かう姿勢には涙が出そうになります。いや、何回か泣きました。

ところが普段の彼は、素っ頓狂なまでに明るくて、素直で人懐っこい。僕もそうだけど、彼を応援するすべての人にとって、親戚の子みたいな存在です。いつもハラハラさせるんだよな。でも、やるときはしっかり決める。応援せずにはいられないキャラクターで人を惹きつける、たぶん類稀な才能を生まれ持った男です。

TONAO TIMESでは、彼の奥さんである藤波直子さんの『ヴァレ・ダーリン』で、タイトルどおり頑張る夫としてちょくちょく登場します。貴久くんの活躍は、彼が所属するホンダのホームページで確認してください。海の向こうで戦うアスリートに、「ニッポン!」コールをよろしく。




藤波貴久選手のホームページ
FUJIGAS.NET




T.T.ディレクトリーへもどる
 
T・T ディレクトリー   リンクフリー   プライバシーポリシー      トナオタイムズについて