お正月の匂い

TTEMI20130110.jpg

あけまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末は、初めておせち料理をいくつか手作りしました。栗きんとん、黒豆、ゆずなます......。

黒豆の味付けは、砂糖をどばっと。それに醤油と塩、という普段なかなか作らない組み合わせ。さらには、鉄くぎ。鉄分を加えて煮ると、仕上がったときのあのツヤツヤ感がでるそうです。お豆をコトコト煮ていると、その煮立った匂いに正月を感じました。

私の母は、毎年大晦日になると朝から台所で火を焚き続けて、あれやこれやといつも以上に料理を作っている。家中を漂わせていたこの匂いが、いつの間にか「お正月」という気分になる要素ということに今気づいた。

今年おせち作りに参加した2歳の息子ちゃん。彼にはじめて与えられた仕事は「庭のゆずを取ってくること」でした。来年はどんな役回りになるのでしょうか。この匂いを通じて、息子にも「我が家のお正月」を伝えていけたらいいな。




それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>