食べたいもの

TTEMI20150721.jpg

夏になると食べたいものが見つからない...という経験、みなさんにもありますか? 梅雨明け直後のこんな時期から、私は早くも食べたいものが見つからない。
仕事がお休みの日は、ほとんど外食せず家で夜ごはんを食べます。昔から台所にいるのが好きということもあり、料理もそれなりに好きで、なにより自分好みの味が食べられるからですかね。

自分のカラダが欲しているものを食べるということは、自分のカラダを整えることにつながっている、と思うんです。あくまでも持論ですが。
去年の冬は、無性に牡蠣が食べたくなるというマイブームが巻き起こり、月に2回は牡蠣を食べていました。
この「無性に○○が食べたい=カラダが欲しているもの」と捉え、牡蠣の栄養素なんかを調べてみると、『タウリンを非常に多く含んでいます。乳酸の増加を防ぎ、スタミナ増強、疲労回復に効果があります。また胆汁酸の分泌を促し、コレステロールの上昇を抑える作用や、目の疲れや、視力の衰えを回復する効果もある』とでてきます。
その症状を自覚して、他の食べ物でも栄養を補う。私にとって、食べたい物をバランス良く食べるというのは一番の健康法です。
ちなみに、牡蠣のシーズンが終わってからずいぶん経ちますが先月、眼科医から『眼精疲労』という診断を受けました。あながち間違っていないかも!!

というわけで、専門学校の同期と美味しいものを食べに新宿パークハイアットのジランドールへ行きました。この日一番食べたかったステーキを食し、 友達との会話も楽しく、こころとカラダにエネルギーを補充☆ また明日から頑張れそう!



それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>