『からだのひみつ大冒険』

息子と過ごすお休みの日は、笑いが絶えないほど楽しい時間です。同じくらいのケンカも日常茶飯事ですが。

先日、息子とお友達と、みんなが楽しみにしていた幕張メッセのイベント『からだのひみつ大冒険2016』(http://www.bayfm.co.jp/karada/)に行ってきました!

キョーリン製薬グループ主催のイベントで、子どもたちが楽しみながら「からだのしくみ」を学ぼうというコンセプトのもと、シューティングや迷路、トンネルや巨大すべり台など、子どもの心わしづかみなアトラクションが盛りだくさんです。しかも、子どもたちが大好き(笑)なうんちやおならについて学ぶのですから「今日だけはどれだけ騒いでもいいわよ〜」と言わんばかりの親たちの視線を感じたのか、「うんちがある!」「おならがプーってきこえるよ!」などなど大騒ぎで序盤からアクセル全開でした!

このイベントで題材となっている、アメリカの子ども向け絵本『Grossology』(シルビア•ブランゼイ作)のグラフィックがとにかく好みなのです☆ 可愛いキャラクターがゲップを出すしくみを教える。なんともシュールで魅力的な世界観。

TTEMI20160822-1.jpg   TTEMI20160822-2.jpg

子どもたちの反応はどうかというと...、グラフィックも難しそうな話の内容もお構いなしで、ただただゲームに没頭。せっかく来たんだからお勉強しようよ! とも思いますが、まぁこんなものです。親の願いと子どもの願望はいつだって180度走る方向が違います。でもお勉強の入り口(とっかかり)がこんなに楽しかったら、どんな勉強でもはかどりそうですね〜。今日の思い出が、いつか理科の授業? で役に立ちますように!

毎年大盛況なイベントですが、思っていたより空いていました。張り切って朝一番の入場がおすすめです。残り少ない夏休みのおでかけに是非☆

TTEMI20160822-3.jpg


それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>