夏休み

TTEMI20170815-1.jpg

ミーン、ミーン、ミーン......。
と暑さが続く中、縁側の簾の隙間から入る風を感じながら、畳みに寝転がって「暇だー」と思っていた子供の頃の記憶がいまでも残っています。

保育園の頃は年末年始の休みはあったものの、長い長い夏休みというのはなかったので、息子は「初めての夏休み」です。さて、夏休みどう過ごそうか。共働き家族にとっては厳密に言うと、この1ヶ月もの休みに誰の力を借りるか......ということに対して入念に計画しなければなりません。毎日学童に行くのも退屈だろうな~と思い、夏休みの半分くらいを千葉と静岡のおじいちゃんおばあちゃんちで過ごすことにしました。

先に話した私の幼少時代。この「暇だー」という思いを、現代の子供たちってあまり経験してないと思うのです。まわりの子供たちを見ていても、宿題たくさん、習い事たくさんで、本当に毎日忙しく過ごしています。
夏休みに水族館やプール、旅行など遊びに行くのも良いでしょう。だけど、私も仕事で忙しいので連れてってあげられないし、長い休みだからこそ暇な毎日を過ごしてもらおうと思いました。
ふたりで車で静岡へ行き、ノープランな毎日を過ごしています。午前中から夕方まで私は製図を書き、mailで仕事のやりとりをしていて、息子は何をしているかというと......日中は「暑いー」と言って、猫と一緒に涼しい場所を探したり、犬の散歩がてら家の前の川で遊んで、ごはんをあげてと、とにかくひたすら動物のお世話をしています。

普段家の手伝いをまったくしない子が、手伝いをベースに生活しているではないか!! お手伝いがキライなのではなくって「自分でやった方が早いから」と私が息子に手伝いをしてもらう時間と手間をかけてあげられなかったんだなと気づきました。

TTEMI20170815-2.jpg

ということで、ダブルワークでもうひとつの仕事にしている子供の造形教室でも試してみました!
通常60分レッスンですが夏休みは90分の拡大レッスンを行っているので、思いっきり身体を使って絵を描きました。普段は出来た作品を褒めるけど、今日は行き当たりばったりの造形レッスンです。子供たちもクレヨンや筆で絵を描くことが当たり前だと思っているので「汚れてもいいよー!」と言うと、はじめはみんな戸惑うのだけど次第にエネルギーと創造力を爆発させます。それが発する言葉や表情に表れていました☆

母は忙しい夏休み。息子は暇な夏休み。それぞれ満喫しましょう~!



それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>