ブランドって、つまり、こーゆーこと、なんですねえ。

FF.jpg

TTISHI20150331-2.JPG

このところ、大阪の法善寺横丁と浅草、というなんというか東西二大ブランドの土地に立て続けに行って来ました。
法善寺横丁の若きご主人は、「雨の日にまた来てください。この通りは光の中を歩いているように感じますよ」なんて、ロマンチックなお誘いを繰り返し(老舗のふぐ屋さんなんですが)ひれ酒を足しながらささやきます。御繁盛です。

TTISHI20150331-3.JPG

で、浅草。撮影の合間を縫って、いわゆる「洋食屋さん」で忙しないランチをとりました。2時を過ぎても満席。店の方々はあくまで愛想よく、あくまで実直にフライパンを振り、あくまでキビキビと走り回り、なんだかパリのビストロのような活気。味は......まあ、もちろん、美味しい。値段は、銀座でもこの値段のランチの店に行列はできんわな......という感じで、......繰り返しますが満席。

TTISH20150331-4.JPG

ブランドって、相対的なものではなく、絶対的なものなんだなあ、ってつくづく思ったわけです。つよいです、絶対的な価値、絶対的な自信。


石澤昭彦さんのブログ
『Latte in Fresh』

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>