それ、伝わってる?

ブランディングの仕事をするなかで、言葉はとても大きな役割を果たします。やりたいこと、課題、そして向かうべき方向。最終的にはビジュアルになったりすることたちも、最初は言葉から始まります。
なのですが、やっぱりビジュアルも大切なんです......。ということをいつも考え(?)させてくれるのが、官報系の広告たちです。

TTISHI20150424A.jpg

テロに毅然と向かっている姿勢が現れ、この町に住んでいれば安全だ! と思わせてくれます......。
難しいですよねえ、ビジュアル。
もちろん、言葉だって。大前研一さんの有名な言葉に、変化をもたらすべき時に一番いけないのは「気持ちを新たにする」というプレッジ(宣誓)だというのがありますが......。

TTISHI20150424B.jpg

つばめ改革......。たしか昨年は「這い上がれ!」でした。成績は定位置でした。がんばれスワローズ! 期待しています。来年あたり、やらせてもらえないかなあ、スワローズブランディング。やりがいありそうです。

ちょっと話し変わりますが、「伝え方」という観点で思ったことがあります。先日、数寄屋橋の交差点に差し掛かりますと、そろいのジャンバーを着た大勢の高齢の方々が。そのうちの一人のおばあさんが、ささっとボクに近づき「はいこれ!」とティッシュとチラシを手に握らせました。普段、チラシとかはあまりいただかないのですが、つい、ボクの肩くらいの背丈の年上の女性から「はい!」って差し出されると......、ねえ。それ、「選挙に行こう、中央区!」ってチラシだったのです。なるほど。高齢者の方はチラシを配ったりする役割にはすごく機能するかも、と素直に思いました。ただ、ボクは残念ながら中央区民ではなかったので、ターゲット洞察さえなんとかなれば......、でした。



石澤昭彦さんのブログ
『Latte in Fresh』

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>