函館の間もなく氷点下に届きそうな寒さは
硬く尖った粒が体に刺さるようでした。
長野の数度あたりの寒さは
上からのし掛かるような重さを感じました。
何事も単位という絶対値だけでは表せない
相対的かつ感覚的総量があります。
とか、いろいろ言っても
寒いものは寒いですけどね。
戻った東京もすんと冷えてた。
冬の始まりを感じております。

見る?

読む?

読む?
 
 
CURRENT トピックス
 
 
 
 
 
 
   
 
アーカイブ
順次、修復していきます。しばしお待ちを