ニューヨークにも、ついに春がやってきました。おとといはいきなり25度まで上がり、突然の春を実感しました。ちょっと前から来たかな? と思える時が何度かあったのですが、その後すぐに寒くなったり、雪が降ったりとフェイントばかり。でも、今回は本物な感じがしました。

さて......そうなると何を着るか? と、自分の中ではまた違ったエンジンが動き始めます。今まで着ていたものを片付け、新たな気分に向かって準備を始めるのがいつものパターンなんですね。

TTNY20180416-1.jpg

そんな気分の中、最初に頭に浮かんだのがアーミー・シャツにサバイバル・ベスト。実はこの2つはブランドを始める前、20代の頃にすごく好きでよく着ていたアイテムなんですね。

TTNY20180416-2.JPG

アーミー・シャツは、その後個人的にしっくりこないブランクの時期が長く、何年か前に久々に復活を果たしたアイテム。なんとなく今回イメージに浮かんだのは、アウターではなく、シャツでもない......という気分からでしょうか。Tシャツの上にベストやアウター、というのがここ何年もの私的な春~夏のイメージでしたが、なんとなくそこから脱皮したいような気分が芽生えているのでしょうか?

TTNY20180416-3.jpg

シャツは、ちょっと前までは長いこと普通の感じで着ることがめっきり減り、でも数年前からアウター的に着たいムードが高まってきて、ここ最近までよく着ていたので、やはりどこか気分を変えたいと身体が感じているのでしょうか?

でも、なぜサバイバル・ベスト? これに関しては、自分の若気の至りを思い出させるアイテムの筆頭格というか......当時はTシャツの上、シャツの上、アウターの上、と何の上にでも着ていたので、その頃の若々しい自分が照れくさいというか......上手く言えませんが、何しろしばらく敬遠していたアイテムなんですね。なので、昔着ていたものは随分と前に全て処分してしまい、これからの人生において必要のないもの、と忘却の彼方にあったアイテム。しかし、なぜか5~6年前くらい前に突然気になって、再び手に入れてみたのが写真のもの。でも、結局はタンスの肥やしになっていたのですが。

さて、今年の春のワードローブはどうなっていくんでしょうか?(オオフチ)