POST in details

今回は、POST O'ALLSのディテールの変化について検証してみたいと思います。恐縮ながら私自身が細かく覚えていませんが、気が付けば色々と変化しているんですね。

TTNY20130225A.jpg

これは初期('93~90s後半くらい)のシャツのサイドシームのガシット部分。この頃は特製のコットンヘリンボーンテープを使用していました。

TTNY20130225B.jpg

表から見るとこんな感じ。なにやらマークが入っています......。

TTNY20130225C.jpg

POST君のマークがプリントされていました。

TTNY20130225D.jpg

これは同じ頃のシャンブレーシャツ。物によっては写真のようにネービーステッチも使っていましたが、この時期は基本的にチェーンステッチの下糸は上糸と同色となっています。

TTNY20130225E.jpg

これは2000年代中頃くらいの物。ヘリンボーンテープは90年代後半のいつ頃からか廃止され、ガシット部にはバイアスに裁断した共地を使うようになりました。その心は......、目立たない方がいいかも? という理由だったと思います。それに前後して、写真のようにチェーンステッチの下糸に色糸を使うようになりました。

TTNY20130225F.jpg

トリプルステッチだとこんな感じになります。ちなみに下糸の色は私達が指定せずに、工場長のムードでランダムに選んでもらっていました。これは恐らくその方が楽しいだろう、という理由だったと思います。なのでこの時期は生産ロットごとに毎回下糸の色が違います。このアイデアはしばらく続きましたね。

TTNY20130225G.jpg

そして5~6年くらい前~現在。チェーンの下糸は、白い生地など特別な場合を除いてティファニーブルー/ターコイズにFIXしました。これは確かランダムに飽きたのと、ブランドの色というのを決めてもいいかも、という理由からだったと思います。(オオフチ)


POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>