ネービー

この前ミラノ、パリに行っていたせいか、ここのところは私的にネービーカラーの濃度が高くなっています。といってもネービーは公私ともに定番で、カーキしか売れないような時期でもだいたいネービーは出ています。

TTNY20131028A.jpg

でもここしばらくは、気分によりカーキやオリーブ~茶などの系統も多めに登板しており、特にネービーに力を入れている、というわけではありませんでした。

TTNY20131028B.jpg

ラインナップ的にもインディゴキャリコやデニム、シャンブレーなどのアイテムはしばらく定番的に続けています......が、これらも特にプッシュしていたわけではありません。

TTNY20131028C.jpg

でも思えば今年の秋冬ものは、特にネービーフランネルのアイテムを中心としてコットンポプリンや綿、綿ポリブロードその他などでネービーカラーのテクスチャーを多めに展開していました。が、それでも特にネービー系を推している、という自覚はありませんでした。

TTNY20131028D.jpg

オーダー的に見ると、今年の春物くらいから特にヨーロッパの一部のお客さんの中ではネービー系を狙い撃ちする人たちを見かけたのが印象的でした。が、この前の旅行では街中でネービーを着ている人はほぼ皆無、大体が(Z*R*とかH&*などのファストファッション的な)くもった感じのオリーブや茶系で埋め尽くされていました。おっと、今回ロンドンは行ってないのでそちらの事情はわかりませんが......。


TTNY20131028E.jpg

というわけで今回の旅行中は、気が付けば持って行った服の中でも特にネービー系の登板が多かったような気がします。くもったオリーブ系の色合いはヨーロッパの町並みに融け込みすぎて、ちょうどパスタに飽きてそばが食べたくなったような気分でネービーに手が伸びたんでしょうか......。

TTNY20131028F.jpg

そして今、 2014年のFWはいつになくネービーを中心として、それを引き立てる感じで周りを固めてみようか、と考え始めています。でも来週の終わりから日本に行くので、またまたムードが変わる可能性もあるにはありますが......。 (オオフチ)

小物=MISSONI, Mountain Research


POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>