CRUZERS

うちの場合、CRUISERではなくてCRUZERですが...、すでに長年のテーマの一つになっています。軽く振り返ってみると...。

TTNY20140106.jpg

最初のバージョンでブラックキャンバスの一枚。恐らく2000年代はじめ頃のもの。ポケットのレイアウトやアーム下のガシット、カフスの形状、サイドのスリットなど、これ以前のTown & Country というモデルの影響を受けていると思われます。

TTNY20140106B.jpg

これは手元にあった近年の Town & Countryの復刻版。リニューアルに伴ってカフス形状、縫製処理、ガシット廃止など各部に手を入れていますが、面影はこんな感じです。

TTNY20140106C.jpg

これが2番目のCRUZER...か、もしくは最初のバージョンのポケットの角を落とした物が2番目?...。う〜む、既に定かではありません...が、とりあえずこのモデルから戦前のビンテージFILSON的なモードに入っていきますね。

TTNY20140106D.jpg

モチベーション的にはこんな感じでしょうか。

TTNY20140106E.jpg

そしてその次のモデル。このデザインはしばらく続いた気がします。これもビンテージFILSONな延長のデザインと言えますが、 このタイプからケープバックに変更され、独自な路線に入っていきます...。

TTNY20140106F.jpg

メルトンバージョン。コットンのものとは縫製仕様、パターンが違います。

TTNY20140106G.jpg

そして、現行のCRUZER−5。2010年からこの仕様に落ち着いた模様です。バックのケープはキープしつつ、フロントは1920~30s頃のWOOLRICH( JOHN RICH)にインスパイアされたデザインに変更されています。

TTNY20140106H.jpg

これがそのインスピレーションになります。

TTNY20140106I.jpg

そして最近は...、写真の1950年代頃の3ポケットのFILSONの様なリラックスしたムードに傾いており...。

TTNY20140106J.jpg

手始めにこんなサンプルも作ってみました。

そして今、次のカタチが見えかけています...。(オオフチ)

TTNY20140106K.jpg

P.S.  新年にサトシ先生のお宅にお邪魔した際に貸してくれた映画、『BADLANDS』。

初めて見ましたが、すごくいいです...。久々に"天才"を感じました。







POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>