2016S/S展示会/東京編

おかげさまで、 東京の展示会も無事終わりました!

TTNY20150803-1.JPG

TTNY20150803-2.JPG

TTNY20150803-3.JPG

TTNY20150803-4.JPG

TTNY20150803-5.JPG

TTNY20150803-6.JPG

TTNY20150803-7.JPG

TTNY20150803-8.JPG

TTNY20150803-9.JPG

TTNY20150803-10.JPG

今回はいつになく絞り込まれた内容となっており...その結果、国を問わず好きな人にはほとんど全部欲しくなってしまう、という新たなジレンマが発生していました。以下、展示会の概要になります。


2016S/S概要

2016年春夏のPost O'Allsは、今までとは少し違う方向を向いています。以前までの流れはそのままに、意識的に視点をずらしてコレクション全体よりもアイテム自体により視線を向けています。アイテムの性格、個性を再評価/調整する事によって、手持ちのワードローブに そのアイテムを加えた時のコーディネートの可能性がより大きなものになるように留意してみました。シンプルに言えば、最小のアイテム/アイデアを加える事によって、最大の効果を得る事を目指しています。

ご存じのように、数年前のアイテムが現役で活躍出来るのがPost O'Allsの特色の一つでもありますが、ここで今しばらくの流れに意識的に制御をかけ、アイテムの持つ力と組み合わせの力によって自然な新鮮さを打ち出していく事がブランドらしいと考えています。
 
今シーズンはブランドカラー でもあるネービー色の階調やテクスチャーのバリエーションを大幅に広げ、逆にアイテムごとの色/テクスチャーの振り幅を普段よりも制限、調整する事によってショーツ+アウター/シャツ/ベスト/パーカと自由自在にコーディネート出来る能力を強化、長期化するショーツの着用期間に対応しています。

アイテム的にはTROPI-CRUZ のプルオーバーバージョンであるLLCが久々にカムバック、シャツ+ショーツのコーディネートに新たな風を吹き込んでいます。また最近のヒットであるNAVY-CRUZベストやCRUZER パーカ、DEE'sパーカなどがシーズンに有効なファブリケーションで一斉に登場、じわりと登板回数が増してきているカバーオールや今まさにタイムリーなBDUジャケットの脇をしっかりと固めています。

定評のショーツ群は、以前からじわじわと提案している"遠目で見ると無地/近くで見ると立体的"というレンジをマックスまで強化、コーディネートに深みを出す事に力を注いでいます。 Tシャツ同様、気が付けば数を揃えている夏のアイテムとしてコレクション的な魅力も増しています。

それにしても天気も含め、各方面でデタラメ具合に拍車がかかっていますね...。

(オオフチ)



POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>