2107FW Quick Preview (2)

前回に引き続き、2017年秋冬物のクイックプレビューをしてみたいと思います。

TTNY20170227-1.jpg

#2135 DEE Hunter/#2135L Lined DEE Hunter 

Post O'Allsではいわゆるハンティングジャケットは作らないのですが、"〜調"は作るんですね。'90年代のTown & CountryやTRAVELERはビンテージのハンティングウエアがインスピレーションとなっていますし、その後のRoyal Traveler、最近ではDEE's Parkaなども然り。そのココロは......ストーリーやディテールというよりも、単にアメリカン・ワークウエアのデザイン/ムードのバリエーションとして捉えているから。 DEE Hunterは今回の展示会モデル中最も生地バリエーションが多く、ポリエスターグログランが5色、ウールメルトンが2色、そしてP/Cウエザーポプリンのヘザーフランネルライニング付きが3色、と計8パターンでの多彩な展開となっています。カバーオールやクルーザー系とは一味+違ったムードをお楽しみいただけます。

TTNY20170227-2.jpg

#2123 E-Z Rider 

2015年以来欠番となっていたE-Z Riderですが、今回はメルトンウールのネービーとチャコールの2色展開となっています。

TTNY20170227-3.jpg

メルトンのテーラード調ジャケットがいきなり新鮮に感じられました。私が知らないだけかもしれませんが、気が付けば世間では全く見なくなりましたよね。この手のメルトンジャケットが流行ったのは......思い起こせば35年くらい前でしょうか? 一枚仕立てながら防風レイヤリング+首元を補強すれば意外に使える冬のアウターとして活躍しそうな予感です。E-Z Riderはシーズンによっては共地のスカーフをオプション設定していますが、今回はコットンネルとコットンガーゼのW仕様で。標準装備であるラペル裏のスカーフ留めは健在です。

TTNY20170227-4.jpg

#1512 Royal Traveler 

気が付けば定番となって久しいRoyal Traveler、今回はポリエスターグログラン5色での展開です。またまた新たな着こなしのアイデアが浮かんできそうな生地感/色目となっています。

TTNY20170227-5.jpg

#1522H E-Z CRUZ Vest w/hood 

今回お初となるE-Z CRUZベストのフード付きバージョン。アウターとして、またレイヤリング要員としても活躍が期待される仕上がりとなっています。今回はコットンブロードクロス2色とウインターバティック2色での展開となっています。写真はウインターバティックのブルーになります。

TTNY20170227-6.jpg

#1204R3 CRAFTMASTER 2 

昨年のデビュー以来、じわじわと魅力を増しているCRAFTMASTER 2。今回はアウターとしての側面を強調出来る生地使いとなっています。ポリエスターグログランネービー、コットンHBTネービー、コットンツイードブルー、そしてメルトンウール3色の計6色展開です。

TTNY20170227-7.jpg

#1271 E-Z CRUZ 5 

2017SSをスキップして2016FWから継続となるバージョン5。マチ&フラップ付きの左右対称ポケットは、 台襟なしシャツのデザインとしては ある意味鉄板と言えますね。今回は厚手ウールフランネル2色とヘビーコットンフランネル5色の展開で、CRAFTMASTER 2同様アウター的設定を重視した生地バリエーションとなっています。写真はユニークな手書き調チェックのヘビーコットンフランネルになります。

TTNY20170227-8.jpg

今シーズンも引き続きダークな色合いのシャツ群。Post O'Allsらしい、地味で個性的な柄を揃えています。(オオフチ)




POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>