2107FW Quick Preview (1)

今回の展示会は新型も多いですが、個人的に印象的なアイテムもけっこうあり......なので、クイックプレビューをしてみたいと思いました。

TTNY20170220-1.jpg

#2102XXL 
2008年以来ご無沙汰のモデル。定番#1102のセットインスリーブバージョンである#2102を2段階に簡素化した、というのは前々回の概要に書きましたが......結果、冬場でもレイヤリングし易い軽めな仕上がりとなっています。今回の生地バリエーションは計3つ有りますが、この一枚はCONEデニムの裏に軽く起毛した薄手のネービーツイルを張ったもの。2008年頃に#1102や#1151 MATTALINI2その他でやっていた、CONEデニム(表地)X  CONEシャンブレー(裏地)の直系と言えますかね。

TTNY20170220-2.jpg

#1102SB 
おなじみのSWEETBEAR......もともとは#1102のバリエーションの一つとして10年近く前にデビューしましたが、このモデルも気がつけばレギュラーとなっていましたね。今回はお初であるブラックのバックサテンが気になっています。ネービーもいいけど、ブラックがまた......これは個人的に絶対にオーダーしたいですね。今回は冬物らしからぬライニング無しバックサテン2色のみの展開となっていますが、そのココロは......表地の固さとは裏腹にソフトで温かいものをインナーにレイヤーして着てみたいからなんです。

TTNY20170220-3.jpg

#1172R3D 
これはC-POST DVという新型になります。C-POSTというモデル系列はシャツジャケットから始まってシャツになり、その後またシャツジャケットに先祖返りしたりと、ややこしくてすみません......が、今回はシャツとシャツジャケットの中間的設定でさらにDV仕様、と文章にするとまたまたややこしいですが......実際は写真の様にシンプルな仕上がりとなっています。ニットやカットソー、シャツの上でも、そしてアウターの下に着ることも出来るレイヤリング万能選手です。生地バリエーションは写真のシンサレート入りのナイロンキルティングの3色に加え、ウインターバティックのキルティングなしナイロン裏張りモデル×2色の計5種類の展開となっています。

TTNY20170220-4.jpg

#2132 CRUZER 8 
今年の春物の新型であるCRUZER 8のチンスト無しバージョンで、今回はウールメルトン4色での展開となっています。Post O'AllsのCRUZERのデザインはモデル名だけで見ると今までに約10種類はありますが、実際はそれ以上に細かな仕様変更やバリエーションがあるんですね。この手の左右非対称の3ポケットデザインは初期のモデルに多く、ご存知の方もいらっしゃると思いますが古着の世界には存在しないタイプ......つまりPost O'Allsのオリジナルなのですが、バージョン8で再びこのタイプに先祖帰りしたんですね。一回りして初期のデザインに戻る......う~む、感慨深いというか進歩がないというか......とにかく再び気分となっております。パッと見は初期のものと似ていますが、ディテールのバランスなどは一新されています。

TTNY20170220-5.jpg

#2133 POST LOGGER 
Post O'Allsでは比較的稀な、ほぼズバリのレプリカと言えるビンテージオーセンティックなデザイン。細かい縫製処理やバランスの調整以外は、オリジナル通りのエグザクトな仕様となっています。変える必要のない素晴らしいデザインはそのままに、実物と比べてライトで柔軟なウール地を採用することによって、オリジナルとは全く別物のしなやかで新しい着心地とかさばらない見た目を獲得しています。今回はメルトン地3色、ウールブラックウォッチ、そしてハードなネービーバックサテンの計5素材での展開となっています。
(→続く)(オオフチ)



POST OVERALLSの
ホームページ
http://www.postoveralls.com/

それぞれの「引き出し」を
つくっているのはこんなひとたちです。
T.T. ディレクトリー >>