呆ける 葬る 放る 吠える ほかす ほぐす 惚ける 綻ぶ 欲しがる 
干す 細める ほだされる 欲する ほったらかす 火照る 解ける 施す 
骨折る 仄めかす 微笑む 褒める ぼやける 掘る 彫る 惚れる 滅びる 

いずれも「ほ」から始まる動詞っぽい単語です。怖い言葉もあるけど、
優しかったり色っぽかったりする言葉のほうが多いような気がしませんか? 
もちろん「ほ」から始まる言葉は他にもたくさんあるし、ここに挙げたのは
思いつきを頼りに辞書を確認したもので、およそ僕の好きな方面の単語ばかりです。

ふと、「ほ」って発音が気になったんです。「ほ」って、言ったそばから母音の「お」に
聞こえませんか? これほどはかない子音は他にないんじゃないかと、そう思ったんです。

「ほ」は摩擦音なんですって。要するに空気の摩擦を利用してつくる音で、
固体差があって然るべき人の息づかいに頼った音でもあります。
さらに子音が弱く、大声で発すると「お」に聞こえちゃうから、
そっと伝えるにふさわしい優しい、または色っぽい言葉が多くなったんじゃないかと、
そう推測するんですが、どうでしょう。

たとえば「滅びる」なんておっかない言葉でも、檀櫁さんが口にしたらさ、
それはそれで相当なもんでしょ。いやいや、まあまあ。

などとどうでもいいことに考えをめぐらせるのは、およそランニングしているときです。
「ほっほっ」と呼吸してるつもりなのに「おっおっ」になっちゃうなあとか、
そんなところから、ね。あったかくなると走る意欲が増しますわ。