風に身を晒し

昨日は変に蒸し暑かったけれど、近頃ずいぶん涼しくなってきましたよね。
季節の移り変わりを確実に感じるには、風に身を晒すことです。
最近の僕ならランニングかな。この時期は夏の頃と同じ半袖短パンでいけますが、
汗の量はだいぶ減り、かなり爽快です。ペースも自然に上がるんですよね。
まったく楽に走れます。

けれど、いつものランニングコースの景色はだんだん地味になっていく。
国道沿いのもとから地味なルートではあるんだけど、木々がね、色を失うわけです。
夏の盛りには何本もの大きなヒマワリが咲く畑も、
今じゃ植物の緑より地面の土のほうが目立つ。柿の実も膨らんできたけれど、
あの赤みもいかにも秋の彩りですからね。心が浮き立つというものではないなあ。

そうこうしているうちに半袖短パンじゃ寒くなり、何かを羽織るようになるんでしょう。
身軽じゃないと、走り出すのが億劫になるんだよなあ。
などと愚痴っている間に月日はめぐり、気づけばホノルルマラソンまで、もう2ヶ月。
今年は12月8日です。気持ちいいこの時期に走り込んでおかないとね。