風邪っぴきのオリオン

近頃とってもオリオン座がキレイです。中央の三つ星が特徴の、
いずれも明るい星で構成されている星座ですね。
そのうちのベテルギウスという星が、どうやら寿命らしいんです。
あるいはすでに爆発していて、同時代的には消滅しているやもしれぬ。
地球との距離は642光年なので、もし本当に寿命を迎えていたなら、
僕らに届くその光はベテルギウスが健在だった642年前のものなんですよね。
宇宙の距離感は、やっぱりなんかよくわからないな。

この時期に星がよく見えるのは、空気が乾燥して抜けがよくなっているからです。
ここ数日の東京の湿度は30パーセントを切っているんですよね。
いやもう、カラッカラです。このドライ感、けっこう好きなんですが、
いよいよクルマのドアを閉めるときにバチッと静電気が起きるになりました。
風邪もひきやすくなります。

ええ、完全に風邪っぽいです。それを忘れて星座など見たくて夜のベランダに出たら、
ひどく不快な悪寒が走り、体がぶるぶる震えてしまいました。咳も出ます。
やれやれ。
ひいてしまったものは仕方ないので、長引かせないためにしっかり食べます。
今はいないかもしれないベテルギウスの分も食べて力を蓄えねば。
みなさんも気をつけてくださいね。