車内の会話

ケータイをマナーモードにしないまま電車に乗ると、そういうときに限って
電話がかかってきたりします。あれって不思議で、最初は自分のケータイじゃないと
思っちゃうんですよね。で、音が意外に近くて、もしや? なんてカバンを
まさぐっているとどんどん着信音が大きくなって、焦りも同調していきます。
気をつけなくちゃ、と自戒の念の駆られている後ろで、
手で口を覆いつつも電話している人がいたりします。

なぜ電車の中で電話していると気になるんでしょう。電話だとつい大声になるから? 
それもあるね。けれど会話だけなら、電車に乗っている複数人の間でも
交わされていますよね。なのになぜ電話だとマナー違反なのか? 
電話の会話って、他人にすれば会話じゃないんですよね。
かけている人の声しか聞こえないでしょ。それに違和感を覚えるんだと思うんです。
違うかな。

でもって、電話じゃなくても日本語じゃない会話が行われているのも
変にざわつきませんか? 乗り換えた車両には外人さんのペアが座っていて、
どちらかと言えば小声で話し合っているんだけど、何か気になる。
もちろん内容はまるでわからないんだけどね。
みなさんはどうですか? それは電車に乗りなれない者だけの感覚ですか?