ボヤボヤ三が日

今年80歳になる母親は最近ちょっと耳が遠くなってきて、
普通のトーンで話す声には応じなくなりました。
でも、昔から自分の話したいことだけ話す人だから、
そんなに変化がないように見えます。いいんだか悪いんだか。

じっとせず、こちょこちょ動き回るのも昔からで、今はモウロクしたくないからと
余計に休まないようにしているみたいです。
少し心配になるけれど、「止めたら死ぬから」と聞く耳を持ちません。

正月に甥や姪が来ると餃子を振舞うのは母親の恒例行事です。
しかし餃子ってのは、焼いて食べるとあっという間だけど、仕込みはなかなか大変です。
「これから私の戦争だ」と妙に意気込んだセリフを吐きつつ、
元日の晩に3時間かけて黙々と具をつくっていました。
何か手伝うことはないかと聞いたんですが、僕の声のトーンが普通だったからか
無視されました。そんなふうに働いてること、知らなかったな。

365分の2日があっという間に。ボヤボヤと正月を過ごしています。