半歩下がり気味の立ち位置

いい買い物をしたと言える要素を考えてみると、品物自体や価格への満足度は
かなり重要な部類ですが、接客もね、相当な位置にあると思うんです。
僕は服を買うのが変に照れ臭い性質ゆえ、欲しいものが明確になっているときにしか
洋服屋さんに行きません。衝動買いってのもまずない。
ちょっと苦手なんですよね、店員さんに声をかけられるのが。
タイミングってあるでしょ。できたらこっちが何かをたずねるまでは
そっとしておいてほしい、みたいな。そこを察してもらえないと、
よさ気なものがありそうでも帰っちゃうんです。ヤな客だね。
けれど、そういう人ってけっこういるんじゃないかな。どうかな? 

この間の某店のTさんは、すごく察しのいい店員さんだった。要するに誠実なんです。
単に褒め倒すのはではなく、自分の考えをさり気なく差し込みながら、
こういうの着てほしいなあと真顔で言ったみたりする。
半歩下がり気味の立ち位置、なんですよね。
それが4分の1前だと気恥ずかしさを思い出しちゃうし、
4分の1後ろだと気持ちを感じなくなる。その間合いが絶妙でした。
嫌味な僕が、同じコーディネートを他の客にも勧めたんじゃないの? と言うと、
「響いてくれない方が多いんです」とちょっとさびしそうな顔をする。
ほだされちゃったなあ。そういう手口だとしても、乗っかってあげると思ったなあ。
でもって僕は服の入った紙袋を提げて店を出たわけですが、
これはTさんから買ったという気分になったのです。人、だよね。
サービスってものを考えた買い物でした。