イメージvsリアル

人はイメージした以上のことはできないといいます。
だからこそ希望は大きく持てと、そいうことになるわけです。
ただ、イメージし続けた領域にたどり着けたとしても、想像していた世界と
現実の風景がまったく違うことだってあります。

プロゴルファーの宮里優作選手は今年、念願だった海外メジャー大会の全英オープンに
初出場して、イメージとリアルに差があったと話してくれました。
その辺、絶賛発売中のゴルフ専門誌『EVEN』に書いてあるので、よかったら読んでね❤ 

さておき、イメージというのは自分に都合のいい世界を描きがちです。だからリアルな
現実の中でいきなり思い通りになるなんてのは確率が低い話なのでしょう。
それでも、イメージを現実に変える体験は何物にも代えがたい経験になるはず。
そう思うな。何事も経験ですね。
もっとも大事なことはイメージすることです。考えなくしてステートには立てない。
無欲の勝利はあっても、無知のそれはないね、きっと。
もうお気づきかと思いますが、錦織選手に敬意を表して語っております。