恥ずかしい文字

人様に自分の字を見せるのは恥ずかしく、ゆえに手書きはかなり苦痛です。
書くこと自体が嫌なのではありません。上手に書けないこと、
いや、上手に書こうとしてこなかったことに腹が立つのです。
職業上、メモは普通の方より相当多く書くと思います。しかしこれが相手の喋る速度に
合わせるもんだから殴る蹴るような有様で、自分でも読めないときがあります。
それで大丈夫かというと、要するにキーワードの記録ですし、前後の文脈や
頭の中の記憶と擦り合わせるので、それなりに文章化できるのです。
でも時々そのメモをのぞき込む方がいて、少し不安気な表情を浮かべることがあります。
ノートをそっと相手から遠ざけたりしてね。

とまぁ殴り書きのクセがついていたり、文字をキレイに書く訓練をしなかったせいで
僕の字というのは幼稚園児が必死に大人の真似をしているような風情です。
おそらく個性というか性格がバレてしまうのでしょう。
少しでも上手に書くには、一字ずつ丁寧にゆっくりペンを走らせればいいはずです。
その落ち着きがない。落ち着けよオレ、とか文句を言いつつ、
先ほども封書の宛名を書きました。
本当に申し訳ないのですが、見て見ぬふりしてポストに放り込んでやります。
もっともよくないのは、上手になろうと本気で努力しないこと。
僕の場合、そういう事柄があまりに多いようです。