慣れの問題

金属加工の世界では機械よりも人間の指先のほうが高精度な仕事ができると聞きました。
それと並べて語れるほどではないけれど、
僕にしても指で覚えた動きの繊細さに驚くことはあります。
新しいPCになって2日目。予想通り、キーボードに戸惑っています。
文字配列は何ら変わらないのに、キーの大きさや間隔がちょっと変わっただけで
タイプミスが一気に増える。少し前に買ったタブレットもそうです。
Aがなんだか遠い。左右からぐっと絞って縮めてやりたいって使うたびにため息が出る。
それから、これまた9月に手に入れたナイロン弦のギター。
いわゆるフォークギターの鉄の弦より太めなので、それまでの押さえ方では
弦が指先からこぼれてしまい、音がビビったりするのです。
それも予想はしていたけれど、実際的になかなかの差異です。
それをあげつらったところで結局は慣れるしかない。
そうして新しい形を習熟する過程で、それまでの形は古いものになっていくのでしょう。
いつかまた触れる機会が訪れたら、懐かしいって思うのかな。それとも......。
あくまでPCの話です。
日曜日も働いている皆さま、お疲れ様です。大事にしようとも11月は今日で終わりですね。