今年の目標

この世界には社員より社長のほうが圧倒的に少なく、
ゆえにリーダーの苦悩は共感されにくい......。

僕もまた昨日が取材初めで、1500人の社員を抱える会社の社長さんに話を聞きました。
年初にふさわしく、個人の今年の目標をたずねたんですね。
するとこんな答えが返ってきました。
個人では立てない。社長に就任してからは公的な意識が強くなり、
個人の目標はすなわち会社の目標になっているから。

じゃ、その目標とは何ですか? 

ちゃんと給料を支払い、社員が楽しく働ける環境を用意すること。

いろんな社長がいるでしょうが、僕が会ったリーダーは衒いも力みもなく
そんなことをおっしゃったのです。
そしてまた年末に、学生時代の友人と再会したんですって。みんな気楽でいいなあと、
そこは気の置けない仲間だから声に出して言っちゃったそうな。
皆各々の持ち場でそれぞれの重責を担っているけれど、
同じポジションに座っている者はいない。ちょっとうらやましかったそうですよ。
まぁ僕なんかはお気楽の代表選手ですから面目ないと言うと、
たったひとりで仕事を進めるのも恐怖を感じると思いますが、
従業員の家族のことまで考えるのはそれはそれでまた怖いものです、とのこと。
想像するだけでも確かにおっかないだろうな、僕なら無理だと言葉を継ぐと、
お鉢が回ってきただけでやってるんだから大丈夫ですよと笑っておられました。
いやいや、大丈夫のはずがないね。

働く楽しさ、あれこれ考えてみようかなと、社長のインタビューで思いつきました。
僕の今年の目標にします。