新しい音

カラオケの採点機能を使って歌の上手さを競う番組あるでしょ。
『仕分け』ね。あれ、つい見ちゃうんです。
最近はピアノの演奏でミスタッチの少なさを勝負の基準にしてたりするんですね。
この企画のキモは、上手さという曖昧な基準を可視化しているところです。
だから得点が高ければ歌が上手くて勝ちってことになる。
本当にそうか? って思うんです。僕は音楽に対して盲目的なところがあるから、
いやいや歌が上手いってのは音程や抑揚だけじゃ計れんだろうと。
あるいはミスタッチにしても、そういう偶然から新しい音が生まれたりするんだよと、
そんなふうな意見を抱えていたりします。
それはよく"気持ち"と表現されますね。歌は気持ちで歌う。気持ちがこもればいい。
しかし、気持ちを込めた上で気持ちよく聞いてもらうには、最低限の技術が不可欠です。
僕がギターでつまずくのはいつもそこ。音楽的素養の絶対的不足。
残念だけどどうしようもない。
だから『仕分け』をつい見ちゃうのは、技術と気持ちのせめぎ合い、
その決着というか落ち着く先を見届けたいからだと思うんです。面倒臭い話だな。
人生でいくつもミスタッチを犯してきて、新しい音を生むことができたのか? 
なんて考えると新しい葛藤を育みそうです。やれやれ、です。