汗をかくと痩せる?

昨日、うまく書き切れなかったことを改めて追加します。要は体の誤解です。
汗をかけば痩せる。そう思っているメンバーが僕のホッケーチームにもいました。
アンダーウェアの上に極端に通気性が悪いナイロンの服を着るんですね。
そりゃ暑いだろうと言ったら、そのほうがたくさん汗をかけると答えたわけです。
親切な僕は教えてやりました。
汗をかくから痩せるのではなく、汗をかくような運動をするから痩せるのだよ。
汗をかけば体内の毒素や老廃物が排出されて体脂肪が燃えやすくなる。
だから体が痩せやすい方向に向かう。
注意すべきは汗をかいた分だけ水分を補給し、循環に心がけること。前にいただろ。
リンクから上がった後のビールを楽しみにするあまり練習中は一切水分を摂らず、
練習後にごくごく飲んだキーパーが急性アルコール中毒で救急車に乗せられたことが。
ビールには利尿作用があるから、それでなくても体内の水分を排出するのに。
なんてことを一気にまくしたてやりました。ちょっと偉そうだったね。
でも彼は真顔で驚いて、それ以降サウナスーツみたいなものを着るのをやめたはずです。
ホッケーくらい激しい運動をする人間でも、体の機能に関する誤った知識に
振り回されるんです。そういう話はいくらでもあります。
マラソン中、トイレに行くのがイヤだからと水を飲まなかった仲間のランナーが
残り1キロで脱水症状に陥り、1時間以上も迷走した例もあります。
とにかく、この気温なら水分補給を忘れずに。仕事終わりのビールが待っていても。
お節介を承知で、ちゃんと言いましたからね!

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。彼の地は冷夏になりそうだとか。