サンマ狂想曲

業者間で取引する際のサンマの単位って知ってます。尾、らしいですよ。
またまた『仕込み万歳』でおなじみ、安穏 戊の料理長マサルさんから聞いたんですが、
およそ2キロで何尾相当になるかでサンマの大きさがわかるんです。
たとえば9尾なら1尾当たり平均220グラム。コイツは丸太みたいなサイズです。
10尾なら1尾200グラム、11尾なら180グラムとなり、
数が多くなるほどひと箱にたくさん入るけど、サンマは小さくなっていくわけです。
でもって今年は、初期段階のこの時期で9尾、10尾サイズが壊滅的なまでに獲れない。
11尾サイズでなんとか。13尾なら入るとか。ひぇ~。
ニュースでもいろいろ言われておりますね。サンマが獲れる北海道から三陸沖は
世界的にもナンバーワンクラスの豊かな漁場ゆえ、中国や台湾の船が公海上で
がっさーと獲っちゃうとか。こんなことが続くと9尾クラスは幻になるやも知れぬ。
本当にお願い。ぶっといのが食べたいのよ。あの幸せ、どうか奪わないでほしい。
とか言いつつ、安穏 戊ですでに細めのサンマを食べたわけですが、
これはこれでおいしいのね。しかし、口にする魚ってほとんどは天然資源なんだよなあ。
国際ルール等々あれども、僕ら自然に頼りすぎかもしれないね。
13尾クラスといえども感謝感謝。