対岸

もつれまくってる安保法案の審議。残虐な事件の経過報告。洪水被災地の現状。

そして、20度に届かない東京の気温......。

昨日17日、え~と、僕の誕生日だった日に報じられたニュースのいくつかです。

そんな中で特に気になったのが、チリ中部沖を震源とする地震。

マグニチュード8.3らしいですから、地元の方々もさぞや大変なことでしょう。

そしてその地震による津波は、早くても今日未明以降には日本に到達するという。

こうしたケースは過去にあったので、今さら驚くことではないかもしれないけれど、

要するにチリは、太平洋を挟んだ対岸なんですよね。

その距離は地球半周に匹敵する約1万7000キロ。

それでも対岸という言葉を使えば近くに感じられる。現実的に波は届き響く。

この世界で起きることは、どれひとつとっても自分と無関係じゃない。

そこに意識を集中させると肩がずしりと重くなるような気がします。

なので、せめて特別な日だけはこの世界と自分のつながりを考えて、

明日18日が誕生日のみなさんにバトンを渡します。

しかし、ホント肌寒くなった。