今日は何の日?

あれ、今日は何で休み何だっけ? 国民の休日、かぁ。
そもそもこのシルバーウィークというのはかなり強引なんですよね。
元は9月15日だった敬老の日を第3月曜日に改めて、
秋分の日との間に国民の休日を挟んで連休にしちゃった。
なぜお休みなのかわからないのは不勉強のせいだとしても、
休日にありがたみを感じないってどうなんだろう? てな話は前にもしましたね。
昨日の話をします。敬老の日でした。
戦後間もない頃、兵庫県のある村で『としよりの日』として始まったのが起源だそうな。
老人の力を借りてよりよい村づくりをする。それが理由じゃと。
年寄りというのは知恵者です。いろんなことを知ってる。
けれど歳を取るほど忘れちゃうから、覚えているうちに聞き出さなきゃいけない。
聞かれるほうも聞かれるうちはボケない。
そういう民間医療的な効果があったかもしれないし、
あるいは年寄りにもちゃんと役割を与える村的機能もあったのでしょう。
大事の方法は様々です。
でもたぶん、顔を突き合わせてたくさん話をすることがいちばんいいんだろうなあ。
自分が年寄りになったとき、誰とも口をきけなかったらさびしいだろうしね。
それで死んじゃう気もするな。