青空の下に

日曜日は宮里優作プロを取材しに男子プロゴルフツアーへ。
週末4日間の戦い。土曜日は2位タイにつけたので、これはもしやと期待しましたが、
最終的にトップと2打差の6位でした。それだって立派な成績です。
何しろ予選には「できれば優勝」を目論むプロが120名以上も参加するんですから。
でもやっぱりねぇ。優勝してくれちゃうとネタとしてはわかりやすいんだけどなあ。
あとちょっと、というポジションを記事にするのは難しいんだなあ。
試練を共有しようってことなんだね、きっと。だいじょうぶ。頑張る。
それにしてもプロゴルファーは大変です。秋からは毎週、日本各地で試合があり、
自宅に帰る暇もない。優作くんにいたっては昨日まで神経すり減らして戦ったのに、
今日はアマチュアゴルファーさんたちとの親善ラウンドもあるという。
で、また木曜日からは国内メジャーと呼ばれるビッグイベントに参加。
どうやって疲れを取るんだろう? 取り切れないまま連戦してるんだろうな。
にもかかわらずプロゴルファーという職業にも「働く」という言葉は似合わない。
「儲ける」のほう、なんだよね。だいじょうぶ。応援してる。
今日は体育の日。自分、古い男ですから10月10日じゃないと気乗りしませんが、
ひとまずお天気らしいです。
「働く」も「儲ける」も忘れて、青空の下に体を解放しよう!

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。彼の地は着々と秋が進行しているそうな。