どうして改ざんしてしまうのだろうと思うのです。
その場しのぎで真実は隠せても、隠したという真実を新たに生み出してしまうのに。
よくお会いする社長さんが先日、普通のことを普通にやる難しさを話してくれました。
そこで最近話題になっている改ざんについて切り出すと、
それは普通を語る以前の問題で、ビジネスでウソはあり得ない。
何も成り立たなくなるからとおっしゃいました。その通りですね。
文書を勝手に書き改めるという意味の改ざん。ざんは竄と書きます。
訓読みは「のがれる」「かくれる」
この字を使った熟語は他に、逃げ隠れるとういう意味の「竄入」や、
遠くへ追いやるという意味の「流竄」があります。
竄入するため改竄すると流竄させられる。
要するに逃げ隠れようとするとどこまでも竄がつきまとう、ということでしょうか。
字面からして恐ろし気ですな。