なんかもう午前2時過ぎ

なんかもうあれこれ立て込んでしまい、夕飯のことを考えるのも面倒臭く、
ふと窓を開けたらどこかからかカレーの匂いが漂ってきて、
もはや口の中でターメリック待望論が沸き上がり、
手近なところでカレーを仕込んだところで友達から電話があり飲みに来いと誘われ、
こりゃ仕方ないと自分に言い聞かせて結局終電を逃し、
タクシーで帰宅したわけですがちょっと気張って
運転手さんにおつりはいいですよと言ったら、
「それでは遠慮なくご馳走になります」と返されて、
たった200円で何だか申し訳ない気分になった、のがさっきです。
ふぃ~。何じゃこの文章。
そんなわけで午後から京都府へ。
3年くらい前に一度行ったことのある場所で、1年前にあった人と過ごします。
説明するまでもなく仕事ですけど、再会というのは僕の場合非常に珍しく、
土地はさておきその人が覚えていてくれるか、
ちょっとドキドキしている午前2時過ぎなのでした。
早起きしてやり残しの原稿、書かなくちゃ。