3の倍数説

『石の上にも三年』。セレブ級に有名なことわざですね。
ひとまず3年は根気強く耐えてみろという教えですが、同じ意味合いで
『茨の中にも三年』『火の中にも三年』もあります。
3年に関しては、『負うた子を三年探す』ということわざもありました。
すぐそばにあるのに気づかず探し回ることのたとえらしいですが、
そこまで迷い彷徨う期間もまた3年とされているわけです。
経験値3の倍数説。名称は今思いつきましたが、僕にも経験があります。
ある雑誌を9年つくっていたとき、3年ごとに読者が変ることに気付いたんです。
一人ひとりの氏名とか調べてわかったわけではないけれど、感覚的に、
でもかなり具体的に3年一回りを体感しました。
企画を立てるにしても、できるだけ新しいものをやりたいと思うんですが、
3年周期を確信してからは、見せ方は変えるにせよ同じ企画を繰り返してもいいんだと、
そう思えるようになりました。創刊3年目以降の読者にしたら新鮮に映るはずだしね。
1年目は初体験。2年目は修正。3年目は総括。ざっくり言えばそんな感じ。
そんなふうにして経験値を高めていく3年サイクルは、
あるいは多くの人が実感しているんじゃないでしょうか。
現代というのは、様々な物事のスピードが速いと言われますけど、時の巡り方自体は、
おそらく多くのことわざが生まれた昔とさほど変わらないんですよね。
キャリアップなどという名目もよろしいかと存じますが、まぁ3年ですよ。
人が何かを信頼するのもそれくらいの時間が必要なんじゃないかと、
あくまで体感的にそう思うのです。
お世話になっている社長さんの会社が間もなく3周年を迎えるにあたり、
お祝いの言葉に代えさせていただきます。