要するに価値について

僕にとっては、少なくとも下半期最大のニュースと言っていいかもしれません。
年末になると友人から頼まれるチラシの仕事。昨年はなく、今年復活したんですけど、
それまでは印刷会社と直接やりとりしてお願いしていました。
僕らの業界ではごく普通のことです。それ以外に方法はないと思っていた。
1年空いたこともあり、ふとネット印刷ってのを調べてみたんです。
そしたらこれが法外に安い! しかも納期も格段に早い! 
そこで何を考えたか。クォリティはどうなんだ? まぁ疑うわけです。
だって、かつてならあり得ない対応ですよ。それに僕はまだ、見ず知らずなのにデータの
やり取りだけで何かが達成される事実を信じ切っちゃいないのかもしれません。
だからちょっと怖かった。でも、試してみた。これがねぇ、ちゃんとしてんですよ。
少なくともチラシレベルならまったく問題なし。
細かい話をしますが、あえて少し厚めの紙を選びました。
もし印刷がイマイチでも、紙の厚さで上質感を出せると踏んだから。
でも、それすらいらぬ心配でした。本当に驚いたなあ。
今さらかよとツッコまれるでしょうけど。
と同時に、じゃ印刷会社はどうなっちゃうの? とも思うわけです。
ネット印刷だってどこかの工場で印刷しているんだろうけど、
そこに組み込まれないところは従来のままじゃやっていけなくなりますよね。
前にCDショップがなくなったという話をしましたけど、
生き残りというものから目を背けられなくなってしまいます。
次は何が消えるのか。僕か、あなたか。う~む。
自分にしかできないことって何だろうと、要するに価値について考えてしまいますね。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。彼の地は摂氏4度まで下がったそうです。