クリスマスの教訓

クリスマスなんて関係ないとか強がったからバチが当たったのか? 
いや、クリスチャンじゃないからそういう因果応報はないだろう。
でもとにかく、お日柄的にやれやれでした。
重めの原稿を2本仕上げて目覚めて、久しぶりに部屋の掃除をしてから食事をし、
歯を磨こうと洗面台の鏡を見たら、「誰?」と言ってしまいました。
僕の素敵な鼻筋がぶぅんと腫れて、『美女と野獣』のビーストみたいな顔になってた。
自覚症状もなくいきなり人相が変るってのは驚きますよ。
慌てて医者に行きました。諸事情すっ飛ばしますが、原因は判明しました。
お薬ももらいました。少し経てばよくなるみたいです。なのでご心配なさらず。
ま、ここを読んでもらっているだけの方であれば、
僕の顔が変ったってどうということもないですよね。
実は2週間くらい前からこうなる予兆はあったのです。
なので、クリスマスの教訓にします。医者にも行けないほどの自己管理など最悪だと。
もし許されるならサンタさんにお願いです。
贅沢は言いません。金の斧でも銀の斧でもなく、前の僕の顔をください。