挨拶下手

この正月の反省点は、また今年も自分から「あけましておめでとうございます」
という挨拶を切り出せなかったこと。
誰かに先に言ってもらってから慌てて返す、というパターンです。
どうもね、決まりきった事柄に対して反抗したくなる
稚拙で幼稚な意識が自動的に働いちゃうんです。
でも、いい歳こいてますから、自分でも何やってるんだろうなあと......。
ある識者がこう言いました。
「挨拶とは自分から先に心を開いて相手に敬意を表するもの」だと。
心にズキズキきましたね。オレは相手に心を開かないのか? その疑念が痛い。
そういうところ、あるかもなあ。自称人見知りだからなあ。
本当に怖い人というのは、とても謙虚で礼儀正しいものです。
それはあっち方面でもこっち方面でも共通している事実です。
怖い人になりたいわけではないんですけど、凛とした筋を持つにはまず挨拶ですよね。
誰に謝るでもなく、かなり真剣に自省しております。
あけましておめでとう。次に切り出せるのは353日後か。
今年は閏年だからいつもより1日長いや。