マサユメ

夢を思い出しちゃったんです。仮称A君を怒鳴りつけるんです。
現実の世界で僕を落胆させる粗相を仕出かして、
でも現実の場面ではあえて怒りを伝えなかった。
それがくすぶっていたせいでそんな夢を見たんだろうと思います。
けれど今回は、粗相程度ではすまないようなミスを僕に対して犯した。
そうなった経緯の説明は1カ月以上待っても行われなかった。
そこで僕は意を決して、間違いなく嫌な気持ちを抱えて帰る自分を
明確にイメージしながら、ついにA君に直接会った。
その直前なんです、件の夢を思い出したのは。
正夢ってあるんだなあと。
何かもうね、会うのやめようかと思ったくらいですよ。
夢の中で怒鳴っていた自分がすごくカッコ悪かったから。
唯一の救いは、夢を思い出した結果、できるだけ理路整然と主張ができたことです。
怒鳴らなかった。たぶん、大丈夫。
でもやっぱり、嫌な気分になったなあ。
親しい友人が「しばらく会ってない友達が死んじゃう夢を見た」と言いました。
その場にいた別の友人は「それは逆夢。いいことなんじゃない?」とフォローしました。
そうか! その会話がきっかけで僕はあの夢を思い出したのか? 
正と逆、夢と現の間でその切り替えはどういう配分で実施されるんだろう。
夢の神様がいたらぜひインタビューしたいです。