いいニュースと悪いニュース

いいニュースと悪いニュース、どちらから先に聞きたい? 
そうたずねられたら、さてどうしよう。
先に落胆しておいたほうが後の救いに期待できるような気がするけど、
悪いニュースがあまりに衝撃的だったら、
いいニュースがいいものとして聞けなくなるかもしれない。
なら、まずはいいニュースでしっかりよろこんでおいたほうがいいのかな? 
あの、特にいいニュースも悪いニュースもないんです。
いや、最近の話題となれば、心がしぼみそうなニュースのほうが多いかもしれません。
昨日話した正夢的なものはその代表で、さらにもうひとつ、
こちらから確認せねば事が進まない件が控えています。
そういうのって向こうはどう思っているんだろう。こっちが気に病み過ぎなのかな。
なんて考えるとこの手の件はどんどん解決が遅れますよね。あ、愚痴ってる。
いいニュース、いいニュース......。
今度の土曜、近所のバーでライブみたいなことをやります。
昨年から何となく始まって、気づくと月一開催になりました。
でも、これはいいニュースなのか? 
必死で練習してますが、練習するほど自分の不器用さに苛まれるので、
なんか気分はバッドです。それでも下手くその演奏を誰かが楽しんでくれるなら、
あるいはいいニュースになるかもしれません。
いいニュースと悪いニュース、この人生でどっちが多いんだろう。
なんて考えると、たぶんあまり明るい答えにたどり着かない気がします。
いいニュースには悪い成分が何パーセントか混入し、
悪いニュースにもまたよい成分が含まれている。
今日のところはそういう結論にしておきましょう。