乏しく鈍い言語的瞬発力

一昨日、マサユメなんてタイトルで、結局のところ愚痴の成分が混じったことを
つらつら書いたせいかもしれないと思いました。言霊だったら、怖いな。
思いが通じなかった、と言えば大げさだけど、上手くいかないことが続いています。
仕事上なので、互いの利益を尊重し、譲るべきところは譲ればいいだけです。
そこに個人の感情を挟む必要はない。
なんてね、そんなにクールでいられるはずないっつうの。
ムキになっちゃうんですよね。どんな仕事もそれなりの思いを込めていますから、
相手の意向は理解できてもまず自分の気持ちが先にあふれてしまう。
そんなオレってカッコ悪いぞと、
もうひとりの自分が遠くのほうで呆れているのは見えてるんですけどね。
加えて僕は、自分の意見や考えを喋って伝えるのが下手くそです。
会議やディベートには不向きですね。言語的瞬発力乏しく鈍い。
上手く説明できないから黙る、という人もいますね。それで悩んでる方もいるでしょう。
でも、上手く説明できないのに不適切な言葉を発してその場を炎上させるよりは
賢い手立てかもしれません。
それで何度も失敗しているから、じっくり時間をかけて原稿を書く仕事に就いた。
そう考えると理に適ってるな。
文字もコミュニケーションの道具です。でも、本質的な人間同士のそれは、
やはり生の言葉がもっとも大事だと思います。
その方法についてはいい歳こいても悩みます。やれやれですね。
一熱発すると冷静になれますから、粛々と修復作業に向かいます。