欲からの解放

おそらくあらゆる生物には欲があるはずです。そしてまたおそらく、人間以外の生物は
生きることのみに欲が生まれると思います。
そしてそしてこれは確実に、人間だけは生きること以外の欲に苛まれる面倒な存在です。
そんな厄介な生物たる人間の中で芽生え、膨らんでしまった欲を
解放するにはどうすればいいか? 欲を満たす以外にない。これ、結論です。
とは言え、自らの欲のために他者を脅かしたり傷つけるのは論外です。
だから人間はルールやモラルを発明したのです。なんか話が大きくなったな。
僕は欲に幅を持たせません。その代り、ひとつの欲を細く深掘りする傾向があります。
一人静かにコツコツと掘るのです。そうなってしまったら、
もはや欲のターゲットを手に入れる以外に深掘り作業から離れる術はない。
でも、本当に必要なのかとグダグダ自問自答を繰り返して
すぐにはターゲットに触れない。
「1週間よく考えろ」。前にも書いた覚えがありますが、これは父親の諭しでした。
それが身についてしまったのかもしれません。
しかし、僕の深掘りは下手すると1カ月以上続きますから、
となるとこれは、コツコツ掘るのが性癖なんじゃないかと自分でも気持ち悪くなります。
でもとにかく、欲から解放されるには満たす以外にない。
一昨日、あるひとつの深掘り作業を終えました。
満足感はありますが、これまでに何回か経験した結末にもたどり着きました。
実のところ手に入れないままと手に入れた後の状況に大差はない。
人間は、少なくとも僕は、面倒くさくて厄介な存在です。