あるいは長寿の特効薬

「今週の水曜日はお花見に連れてってくれる件で、またお食事会があるの」
文字だけだと年齢不明の発言になりますが、電話で話した母親のセリフです。
ご近所に方々によくしてもらっているそうです。
「腐っちゃうよね、1日誰ともしゃべらないでいると」
何かの集まりでは気の合わない人もいるけど、誰彼つかまえては
あれこれおしゃべりしており、今のところ腐っていないそうです。
何かとご親切な方々に、ひとりずつお礼を述べたい気分になりました。
僕は自宅の自分の机で原稿書きをしますから、長くて3日くらい家から一歩も出ず、
誰とも口をきかない場合があります。
仕事だから仕方ないけれど、やっぱり気が滅入ってきますね。
となれば、誰かの顔を見て言葉を交わすというのは、
メンタルにおける呼吸みたいなものかもしれません。
できなくなれば精神が窒息しそうになるから。
あるいは長寿の特効薬かな。少なくとも母親にはよく効いているみたいです。
「風邪ひかないでね。って、いつまでも母親の気分は抜けないわねぇ」
いくつになっても母親の心配はうざったいものです。
でも、親のそういう本能のようなものは昔よりうんと理解できるようになりました。
だから、そういう親の盲目的な感覚を悪用するような犯罪は絶対に許さないからな! 
って、ひとり静かに怒ってみました。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。今日は即売会のお話。