「久しぶり」

久しぶりの集まりがあると、久しぶりの顔に会います。
なので思わず「久しぶり」と口にするけど、それはお互い様なんですよね。
僕は自分の時間軸の中でしか生きられないから、
相手が遠ざかったように勘違いしているだけに過ぎません。
他方、数日前に届いた10年以上会っていない人のお知らせは訃報でした。
でも僕の中の時間軸では、
その人にこの先「久しぶり」と言葉を交わすことができないことが
まだうまく納得できていません。
久しぶりをつくっちゃいけないんだよなと、今切実にそう思っています。