教訓から

今日もいろいろ思いました。
度重なる揺れによって深刻さが増していく現状。
それを映し出す映像を追いかけていると、
目は動いているのに心はどんどん固まっていくのがわかります。
同じようなことは5年前にも経験しました。
そこから得たひとつの教訓は、ある程度のところで情報を遮断するという術です。
わかっているんです。自分が当事者ではないからそんな悠長なことを言えるのは。
でもやはり、心を止めてしまえば体も動かなくなる。
僕には僕でやらなければならないことがある。
ふむ。
できるだけ深刻さを遠ざけたいと頑張ってはみても、
何か書こうとするとなかなか難しいものですね。
教訓から学ばなければと、そんなことも思ったりしたのでした。