距離

今日は宇都宮。明日からは泊りで八戸。久しぶりにドサ回りが続きますが、
いずれも僕の街より北です。ということは、九州からさらに遠ざかることになり、
だからと言ってこのタイミングで被災地のことを忘れるはずがなく、
でもやはり距離が離れるほど事態の深刻さをイメージする力は
希薄になるような気がします。
たとえばエクアドル。彼の地で17日の日曜日に起きた地震では、
発生から昨日までに間に570名もの方々が亡くなったそうです。
僕はその事実を改めてネットで確認しました。
片や九州の状況は、ほぼ無意識のうちに取り込んでいます。
恋愛に限らず思いのすべては距離に影響を受けてしまうのだろうか。
映像や音声がリアルタイムで伝えられようと、
ここに在る感情はそれを生身のものとして感受しないのかもしれません。
ふむ。やっぱりいろいろ思ってしまうなあ。
手帳にメモしたきり忘れていた6月の熊本取材が先日キャンセルになりました。
そうか行くんだったと気付いて、またあれこれ思いが動き出すのです。