甘ったれてる

「結局、甘ったれてるんだよ」
痛快でした。これは責任ある立場の人が思わず漏らした、愚痴のような本音です。
そしてまた、責任ある立場の人の本音は表に出せない性質を帯びており、
したがってこのセリフは、本当にぶつけたい人たちに向けられることはなく、
前後左右一切無関係なこういう場所で、僕の勝手な判断で披露するわけです。
何事も、できないよりはできたほうがいい。けれどそれよりもっと大事なのは、
「やるかやらないか」だとその方はおっしゃいました。
「できないでしょう」とか、「できるかもしれない」と他人事のような可能性を
語るのは空の念仏を唱えるのと同じ。
やると決めたなら徹底的にやってみる。やらないなら即時撤退。
つまるところ経営というのは、圧倒的多数のできないヤツを
いかに束ねて結果を出すか、だそうです。この発言、しびれませんか? 
そういう経営の現実を了解していても、冒頭のような言葉が漏れてしまうことがある。
部外者の僕はホッとします。ひとまず彼の社員ではないので、
圧倒的多数か圧倒的少数のどちらに属しているか心配しないですむから。
それにしても、「甘ったれている」という、
幹をど真ん中からまっぷたつに割るような言葉を生で聞いたのは久しぶりだったので、
前後左右に関係なく、背中がぴしっとなりました。