たぶんコミュニケーション好き

言葉というのは高度なルールに則ったコミュニケーションの道具ですよね。
その道具だけですべての意思疎通が叶うわけじゃないけど、
それを使ったほうが精度が高まるわけです。
ただし、ルールに則ることだけ考えて使っていると言葉だけが上滑りし、
心の内側が伝わらないこともあるはずです。心の奥にあるものを悟られたくないから
人は言葉を生み出したのかもしれませんが。
ここのところ、インタビューという、僕の仕事の根幹に触れる話をしていますが、
やはり会話というのは、言葉だけで意思を交換しているわけじゃありません。
声の強弱。身振り手振り。視線の動き。表情。
そういうアクティブな行動と言葉が連動して、その人の心の中にあるものが表に出る。
そういう表現すべてに興味があるのです。
だからたぶん僕は、お金を稼ぐ手段として原稿を書くのだけど、
何よりコミュニケーション好きなんだと思います。
スイッチが入らなければ人見知りになりますが、それはオフ状態を設けることで
好きな時間を楽しむために充電しているのかもしれません。どうかな。