メリメリハリハリ

メリハリのある日々を過ごせよ。そうだ、そうするべきだ。じゃ、メリハリって何だ? 
メリとハリか? メとリハリか。それともメリハとリなのか? 
語源辞典によれば、尺八などの邦楽で使われるメリカリという言葉が転じたそうです。
低い音を減り=メリ。高い音を上がり/甲=カリ。
単純に低音と高音の分類だけでなく、音の強さすなわち抑揚の意味もあるのでしょう。
低いだけでも高いだけでもなく。
細いだけでも太いままでもなく。
縮んだままでも膨らんだままでもなく。
そんな日々の過ごし方、時間の使い方は、本来は自分の内側でコントロールすべきです。
けれどここんとこの僕は、何かに追われて逃げ回るように仕事をしていて、
メリメリなんだかハリハリなんだかよくわからなくなっていました。
だから外の事柄に気が散っちゃうんですね。
物議を醸し出すスポーツ選手や、呆れるような政治家に一喜一憂するというのは
その証拠だと思うんです。で気づいたんだけど、イチローさんのルーティンってのは、
外界から誘われる迷いを断ち切るための手段なのかもしれないね。どうだろう。
当分の間は、メリハリに寄り添ってみようと思います。
でまた、ある意味外界の話ですが、プロゴルファーの宮里優作選手が
全米オープンに出場中です。メリであれハリであれ、とっても気になっております。