やっぱ生はいい

土曜日の夜、クラシックナイトと題されたイベントに行きました。
クラシックと言っても、会場がカフェで演奏者も3人のカジュアルなライブです。
僕らが近所のバーでほぼ月一開催しているささやかな歌会でゲストメンバーに
なってくれたビオラ奏者の女性が出演するというのではせ参じた次第です。
僕はまったくもってクラシックに疎いのです。超有名な楽曲しか知りません。
オーケストラ鑑賞にも縁がない。そんな男でも発見はあるのです。
通の方には鼻で笑われるかもしれませんが、クラシック演奏はマイクを使いません。
ということは、楽器であれ歌声であれ、生の音が響き渡ります。
これが心地いい。空気の揺れを実感できるのは素晴らしい音楽体験です。
CDが売れなくなったと言われて久しく、
その一方で音楽イベントの来場数は増加傾向にあるそうです。
曲を聴くだけならスマホで十分。けれど音楽には情報だけでなく体験の側面もあり、
人間の本能に共感・共有・共鳴が仕込まれているとすれば、
やはり生は必要不可欠なのでしょう。
そしてまた、縁があれば自ら足を運んで体感するというのも大事です。
やっぱ生はいい。何事も生がいちばん。あ、いやらしく聞こえないといいけど。

オオフチさんの『NYほかけ舟』更新。半期に一度の展示会がいよいよ始まるそうです。