本日10歳

本日8月4日は、TONAO TIMESの日です。なんて、大きく出たなあ。
2006年の今日に創刊して丸10年。10歳。10周年。
さすがに区切りのいい数字になると、いろんな言葉があります。
まずは、十年一昔。確かに10年前というのはずいぶん昔に感じますね。
40代だった僕は50代になった。予期しなかった大きな災害がいくつも襲ってきたし、
至るところで街の景色も変った。僕の人生でも岐路と呼べる出来事があった。
それだけ多くの記憶を詰め込むには、やはり昔と呼べるだけの時間が必要なんですね。
対して、十年一日の如し。逆説的ながら、それもそうだなあという実感があります。
その時々では大変な思いをしても、過ぎてしまえばあっという間。
僕らは今しか生きられないしね。十把一絡げ、なんてむげな言葉もありますね。
中国にはこんな諺があるそうな。十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史なる。
あと20年も続けないと歴史に刻まれないのか。オレはいくつになってんだ? 
「金にならないのにねぇ」と言われながら、2012年4月のサーバークラッシュによる
約1カ月の更新不可をのぞき、この10年毎日何かを書いてきました。
誰かに読んでほしいという思いは当然持ち続けていますが、
ある部分では物書きの文章筋トレ的意味合いもあり、多くのことが身につかず
習慣にできない僕がなぜかやめられないでいるのがTONAO TIMESです。
畏るべしと思われなくても、歴史に名を残せなくても、たぶん明日からもまた、
この面倒臭いサイトにコンテンダーとして参加してくれている方々とともに、
何か新しいことを書いていきます。
どこかで読んでくれているあなたへ、最大最上級の親愛と感謝を込めて。

10年目の今日に更新するのは『仕込み万歳/極薄衣のサクサクかき揚げ』。
こちらも切りのいい第10シリーズです。お待たせしました!!